上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使いきれなかった野菜があったので、甘酢漬けにしました。

野菜の甘酢漬け


これは作っておくととても便利。
サラダよりもたくさん野菜がいただけます。

作り方は超簡単。
野菜を適当な大きさに切り、塩を振ってしばらくおきます。
しんなりしたら水気を絞って甘酢に漬けるだけ。
野菜の塩味が強い場合は水洗いをしてから絞ります。

甘酢もお好みで。
私は、

 ・昆布だし 150ml
 ・穀物酢  120ml
 ・砂糖    大さじ5
 ・塩     少々

この割合で作っています。
甘酢は冷蔵庫で長期保存ができるので、作っておくととても便利です。

ホントに野菜がバクバク食べられますよ。
ドレッシングを使わないので、カロリー面でも安心ですし。


スポンサーサイト
牡蠣は大好きなのでいろんな料理で楽しんでいるのですが、
今回はオイル漬けにチャレンジしてみました。
チャレンジといいましたが、作り方はとても簡単。
その上おいしい!

牡蠣のオイル漬け

フライパンに牡蠣を並べて火をつけます。
焦がさないように中火でゆっくりと。
じわじわと汁が出て来ます。
これは旨みエキスなので火を強くして焦がしたり蒸発させたりしないように。
しばらくすると、とろっとした牡蠣がぷっくりと変化したら皿に取ります。
フライパンに残った汁に醤油と酒を少々入れて牡蠣を戻し、からめます。
これを瓶に隙間ができないように入れて、牡蠣が浸るようにオリーブオイルを注ぎます。
ローリエを入れて終わり。

ワインのお供にピッタリ。

亜鉛補給のために、毎日少しずつ食べるのもおすすめです。

テーマ:お料理
ジャンル:趣味・実用
子どもの取り違えという重く辛い題材なので、
観るのをためらっていたのですが、
観てよかったです。本当に素晴らしい映画でした。

これまで育てた子どもが他人の子だったという現実を突きつけられた時、
人はどうするのか、どうすべきかなんてわかるはずがありません。

登場する2組の家族の対応も全く違います。
これからどうするべきかを冷静に考える家族と
ありのまますべてを受けとめようとする家族。
父親と母親でも違います。
特に、裁判で取り違えの原因がわかった時の反応。
怒り狂う母親達と静かな怒りを見せる父親達の対比が印象的でした。

ネタバレするといけないので、内容は詳しく書きませんが、
福山さん演じる父親の心の変化の流れの中で迎えるラストは
見事だったと思います。
あの終わり方にすっきりしないと感じる方もいるようですが、
正解なんてないわけだし。
たぶんこうなるんだろうなと思わせる空気感で充分な気がします。

それからもう1つ。
あの看護師だけは絶対許せない!!

でも、あの看護師のことがあって、
福山さん演じる父親が自分を見つめるきっかけになり、
自分を育ててくれた母親と初めて向き合うことにもなるんですよね。


どの登場人物の立場で観るかで、
受け取り方が全く変わってくる映画だと思います。
重いテーマの映画ですが、観終わって暗くはなりません。
笑えるところもたくさんありますし。

ハンカチはお忘れなく。
涙を指で拭うくらいでは足りませんから。
私…、号泣でした。






テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画
先日行われた、オリンピック招致でのプレゼン。
素晴らしかったですね。
こんなに人の心を熱くするプレゼンがあるのだと感動しました。

東京でのオリンピック開催が決まり、
あらゆる商戦が始まっているようですが、
この「プレゼン」にも注目が集まっているようです。

あのように、堂々とした振る舞いで
人の心を打つプレゼンやスピーチがしたいと思った人が多いのでしょうね。
今、こういった類の本が売れているようですよ。
これからも次々と出版される気配。
雑誌での特集もあるみたいです。












先日、母が熱中症になりました。
クーラーをつけた部屋の中でです。

平熱が35.5度程なのですが、37度を超えていました。
意識ははっきりとしているようなので、
とりあえず首筋、脇、太ももの付け根を冷やし、
体温を下げるように試みたのですがなかなか下がりません。

経口補水液を飲ませ、氷を替えながら様子をみていると、
半日ぐらい経ってから徐々に体温が下がり、翌日には元気になりました。

普通ならすぐに病院に行くところですが、たまたまその日は日曜日。
救急車を呼ぶことも考えたのですが、
立ち上がることもできましたし、意識もはっきりしていましたので、
ネットで処置の仕方を調べ、自宅で対応しました。

こまめに水も飲んでいましたし、クーラーのついた部屋にいたにもかかわらず
こんなことになり驚きました。
怖いですね。

母曰く、その時は体が熱いのに全然汗をかかなかったと。
今思えば、確かにそうでした。
放熱できずに、体の中にこもってしまっていたんですね。

日頃から注意をしていたつもりだったのですが、
充分でなかったようです。

皆さんも気をつけてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。