FC2ブログ
顔のたるみが気になる方は多いはず。
私自身、ハリがなくなってきたなと感じ始め、
せっせとリフトアップのマッサージに励んでいます。

でも、その前に大切なことがあったのです。


それは、頭皮のマッサージ。

顔のたるみの原因の一つが、頭皮がゆるんで下に落ちてくること。
これがとても大きいんだそうです。

ポニーテールをしたり髪をアップにすると、
顔がきゅっと引き上がりますよね、
あれは頭皮と一緒に顔の皮膚も引っ張っているから。

髪をほどいた時に顔も下がって来たら、
頭皮がゆるんでいる証拠。
すぐにでも頭皮マッサージを始めてください。

頭全体を揉みほぐす
ポンポンポンと軽いタッチで刺激を与える
指圧をする感じでグーッとゆっくり押す
これらは、必ず指の腹を使います。

それにプラスして、
こめかみに手の平を当てて引き上げる
これがポイント。


美容院でマッサージをしてもらった後、
顔がすっきりと見えますよね。
髪だけでなく、顔にも効果があるんです。

美容院でシャンプーをしてもらっている時、
気持ちよくて寝てしまいそうですが、
どんなふうにマッサージしてくれているのか覚えておくといいですよ。


先日取材でお世話になった美容研究家の方に教えていただきました。
ぜひ、お試しを。




スポンサーサイト



ヘアスタイリングに欠かせないヘアワックス。

上手にスタイリングをするには、
ちょっとしたコツがあります。
誰にでもできる、とても簡単な方法。


ワックスは、
手のひら全体になじませてつけていらっしゃると思いますが、
その時忘れてはいけないのが指の側面にもつけること。
そうすると、ムラなくつけることができます。

ちょっとしたことですが、
仕上がりにずいぶんと差が出ますよ。

ふっくらさせたい時は、
髪を持ちあげるようにして、
クシュっと掴めばOK。


撮影の時、
ヘアメイクさんに教えていただきました。
ぜひお試しあれ。



テーマ:ヘアケア
ジャンル:ヘルス・ダイエット

朝起きて鏡を見たら「寝ぐせで大変!」という経験をされたことありますよね。
水で濡らしてもドライヤーをかけても、ますますひどくなるばかり…
急いでいる時は本当に泣きたくなりますね。
そこでよい方法を。

 

はねている髪の表面ではなく根元に水をスプレーします。
たっぷりめがいいですね。
寝ぐせ直し用のウォーターではなく、普通の水をスプレーしてください。
そして、手ぐしで髪を整えます。
大抵の根ぐせなら、これだけで直るはずですよ。
これでもダメな場合は寝ぐせ直し用のウォーターを髪の内側にたっぷりつけて
スタイリングしてみてください。
まずは 髪の根元に水をたっぷりスプレー&手ぐし

 

根ぐせにならないようにするには、髪をしっかり乾かしてから寝ることが何よりも大切。
濡れたままだと臭いの原因にもなりますから、
どんなに眠くてもちゃんと乾かしてから寝てくださいね。
それと、良質のシャンプーを使うと根ぐせになりにくいですよ。

 

テーマ:ヘアケア
ジャンル:ヘルス・ダイエット

カラーリングは美容室でしてもらうのがベストですが、
時間がない時など自宅でカラーリングすることもありますよね。
手軽にできてとても便利ですが、どうしても色むらができてしまうのが悩むところ。


ヘアカラーは髪の内部に薬剤を作用させて染めるものです。
ですから、タンパク質が失われてスカスカ状態になっている傷んでいる髪は
ヘアカラーが均一に染まらず、色ムラができてしまいます。
きれいにカラーリングするためには、まず健康な髪にすることが重要なのです。


カラーリングする前に髪の補修剤を使ってみてください。
髪の補修剤とは、いわゆる「洗い流さないトリートメント」のこと。
色むらをなくすだけでなく、髪の傷みを和らげる効果もあります。
製品によっては、補修剤がセットになっているものもありますが、
普段使っている「洗い流さないトリートメント」で構いません。


市販のカラーリング剤は、短時間で色が入るようになっているのですが、
美容室で使用するものより退色が早く傷みやすいです。
カラーリーングしてからしばらくは、シャンプ-ごとにトリートメントをして下さい。
キューティクルを整えることによって退色を防ぐことができます。

 

   

髪の痛みで悩んでいる人は多いですよね。
夏は紫外線も浴びて、いつも以上に髪のダメージが気になる季節。
しっかりとケアをしたいものです。

トリートメントの時にシャワーキャップをかぶったり、蒸しタオルで髪を包む・・といったことは、皆さんすでになさっていると思うのですが、1度トリートメントの量をいつもの倍くらい使ってみて下さい。
お顔につける美容液などは多ければいいというものではないのですが、トリートメントに関しては別。
髪の痛みがひどい場合、量が少ないと内部へ浸透しないのだそうです。
つけておく時間は決められた時間でOK。
長くつけていても効果は変わらないそうです。
トリートメントで髪の内側のケアをした後は、ツヤを保つためのコンディショナーも忘れずに。
乾かした後、サラサラ感や指通りの違いを実感されると思いますよ。
普段は週に1回のトリートメントの場合も回数を増やしてみてください。
この季節、毎回やってみてもいいと思います。
量を倍にしたトリートメントを毎日。
1週間後にはもっと効果が表れてくると思いますよ。

 

テーマ:ヘアケア
ジャンル:ヘルス・ダイエット