FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カシオペアの丘で」 重松清 講談社



人は誰でも、心の中にひっかかる思いを抱えて生きているものです。
いろんな人と関わり、様々な経験をし、幾つもの年月を重ねても
決して忘れ去ることのできない思いを引きずっているものです。
それは、許してほしいと願うことであり、許したい思うことなのかもしれません。


かつて炭鉱で栄えた北海道の街。そこに幼馴染の4人組がいました。
小学生のシュン、トシ、ユウ、ミッチョの4人は、丘の上で夜空を見ながら夢を語ります。
「ここは何になればいいと思う?」
「遊園地」
4人の言葉がひとつになりました。
「絶対、これしかないよね」



ある出来事をきっかけに、炭鉱経営の後継者だったシュンは街を去ります。
時が流れ、ユウはテレビの製作会社のディレクターに。
トシはあの丘につくられた遊園地の園長になり、ミッチョはトシの妻になっていました。
サラリーマンになったシュンは、末期ガンを告げられます。
その病院のテレビで、ある事件のニュースが報じられていました。
そこに映っていたのは、今は遊園地になったあの思い出の丘。
閉じ込めていた思い出や、これまでの様々な思いがシュンに蘇ってきます。
二度と訪れることがないと思っていた故郷に、シュンは帰ることを決意。
導かれるように4人は、あの丘で再会します。


 


皆それぞれに忘れられない思いと屈折した感情を抱えて生きています。
生きていくというのは、それらと葛藤することなのかもしれません。
読むほどに、違った生き方ができたのではないかという切なさと悔しさでいっぱいになります。
と同時に、心のどこかでこの物語がファンタジーであってほしいと願っていました。
でも、そこには現実が存在しています。



皆が背負ってきたものが、それぞれに重く苦しいものであったことが浮き彫りになるにつれ、
涙があふれてきます。
そして、病気、事件、あの事故を経て、一人一人が新たな思いで歩き出していく姿に心が震えます。


 


生きるということ、死ぬということが真正面から迫ってくる作品でした。
読み終わった後、ブックカバーを外してみてください。
とても素朴で何気ないように見える装丁ですが、
読んだ後にこの2冊の表紙を見ると、再び涙が溢れてきました。




 ca-1.jpgca-2.jpg
     カシオペアの丘で(上)       カシオペアの丘で(下)


 



スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。