FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の京都行きは仕事だったため、お楽しみは何もなし。
家に帰ってからも「やっぱり京都に行きたい!」という気持ちが抑え切れず、
先週、再び行って参りました。
行きたいと思った時は、その場所が呼んでいるということなのだと聞いたことがあります。
このあいだから、なぜか「鞍馬に行きたい」という気持ちが高まっているのは、
鞍馬が私を呼んでいたのかしら。
最近、心にも体にも余裕なく過ごす日々なので、
ゆったりとした気持ちで、山を登っていらっしゃいと招いてくれていたのかもしれません。

maneki.jpg
京都南座には「まねき」が上がり、年の瀬の雰囲気も漂い始めていました。
いいですね、華やかで。

kura-2.jpg
出町柳から叡山電鉄に乗って鞍馬へ。
車窓の景色を楽しめるよう窓を大きく取り、
座席が窓を向いている車両があると聞いていたのですが、行きは残念ながら普通車両。
素朴な駅や街並を眺めつつ、30分くらいで鞍馬に到着。
やっと来ました~と感激。

ケーブルに乗ろうか歩こうか迷ったのですが、
せっかくですから、山のおいしい空気をいただきながら歩くことにしました。
思った以上に大変。
本殿に着いた頃には汗をかいていました。
でも、気持ちいい! 絶対歩いて登るのをおすすめします。
頂に近付くにつれ、気持ちがどんどん清々しくなってきます。
街中で生活していると、こういう感覚はまず味わえませんね。

kura-1.jpg
本殿の前の広場には六芒星が描かれています。
何だか不思議な雰囲気。
ここは、知る人ぞ知るパワースポットなんだそうですよ。

本当は、ここからさらに上にある「奥の院 魔王殿」に行きたかったのですが、
一緒に行っていた母があまり足腰が丈夫でないので、今回はここまで。
帰りはケーブルで降りましたよ。
ケーブルから見る景色もきれいでした。

日帰りの強行スケジュールですので、あまりのんびりもしていられず、
泣く泣く帰路へ。
出町柳からタクシーに乗ろうとしたのですが、
せっかくだから下鴨神社にもお参りすることにしました。
行ってよかった!!
これまでにも何度か行ったことはあったのですが、全然違いました。
長い参道を、母の足を気遣いながらゆっくりゆっくり歩いていたのですが、
気持ちがどんどん浄化されていくような感じなのです。
母も同じ気持ちになったようで、あれから何日も経った今でも、
参道を歩いた時の清々しさを口にしています。

心のオーバーホールやリフレッシュって必要ですね。
これほど実感したことはありませんでした。


 
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。