FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、住宅やインテリアのお仕事の依頼が
なぜか続いています。

個人的には興味がありますが、
専門知識を持ち合していませんので、かなり不安。

お断りし方がいいのではとも思ったのですが、
一般人の目線で書いてくれればいいと言ってくださったので
やらせていただくことにしました。

とはいっても、専門用語があちらこちらに出てきますし、
基礎的なことぐらい知っておかないと、
取材で質問もできないので
図書館に行ったり、本を買い込んだりして勉強、勉強の日々です。

日毎、目の疲労が増していってる気がしますが、
脳にとっては、新しい刺激があり、良いようです。

建築家や設計士の方は、どの方に話を聞いても、
仕事対する態度は真摯だし、ユーザーをとても大切にしている印象。
でも、本当にそうなら、欠陥住宅は存在するわけはないし、
設計士の凝ったデザインのために、
暮らしにくいと嘆いている人が、多くいるはずもないのだけれど…

先日、ある建築家の方にインタビュー。
「仕事だけでなく、生活のすべてにおいて、
相手の目線で物事を考えることができないと、
家をつくることなんかできない」ということを何度も力説。
う~ん、なるほどね。

提出してもらう予定の資料がなかなか届かないので、何度も連絡。
やっとつかまって、資料のことを改めてお願いすると、
「あ~、明日から家族と旅行に行くんで、来週になるね」
だとさ。
すでに約束の日から一週間が過ぎているというのに。
その来週というのは先週のこと。
締切だって過ぎちゃいましたよ。
ははは。
笑うしかない。

良い家を建てるには、人を見る目も必要なようです。






スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。