FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある小説新人賞の受賞者にインタビュー。
運転手をしながら、暇を見つけてはこつこつと執筆したものが見事賞に輝いた方だった。
ご自宅は、決して広いとは言えない公団住宅。もちろん書斎などない。
背の低い整理ダンスの上の原稿用紙1枚分のスペース。そこで彼の小説は生まれた。
立ったまま、彼はそこで小説を書いていたのだ。
運転手という仕事柄、座ったままの姿勢が辛いということももちろんあるのだが、自分だけのスペースを確保できないというのが、最大の理由。
自分の環境、才能に言い訳ばかりしている私に強烈なパンチを喰らわしたのは言うまでもない。
スポンサーサイト
テーマ:仕事日記
ジャンル:就職・お仕事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。